意外と知らない!保険が節税対策に有効な理由【Insurance Policy】
HOME>ホットトピックス>意外と知らない!保険が節税対策に有効な理由

節税対策をお考えなら

節税対策というのは企業や個人にとっても大きな問題かと思います。しかし、節税対策に有効なのが保険です。節税対策に使える保険について紹介しています。

法人が保険で節税対策をするメリット

節税効果が大きい

節税対策として挙げられるのが経費を増やして行く方法です。経費として挙げられるのが社員旅行や社用車などですが、保険は効果が大きいというメリットがあります。保険は大きな金額を設定できる上、解約すると大きな金額が戻ってくるからです。

予備資金にできる

保険は解約すると現金が戻ってくる仕組みになっています。ですので、保険に加入しておけば経費として計上しておきながら、もし資金に困った時には解約して現金が戻ってくるという貯金のような働きになるからです。

退職金に使える

社員や経営者が退職する際に大きなお金が動くこととして退職金があります。突然の退職の場合は退職金も大きなリスクになります。そんな時でも保険の解約金を利用すれば、最大限リスクを減らして支給することができるのです。

節税にも役立つ所得控除

保険プラン

生命保険料控除をご存知でしょうか。所得控除のひとつで、一年間に支払った保険料のうち、一定の金額が所得から控除されるというものです。個人で社会保障以外に保障を備える、自助努力に対しての税の軽減制度ともいえます。なかでも、本来の保険の保障内容よりも、節税の効果が期待できる保険は、節税保険と呼ばれることがあります。万一の時に給付を受け取れるだけでなく、控除を受けられることで節税対策もできます。一年間に支払った金額を確定申告にて申告することで控除が受けられるので、節税対策として利用する方も多なっています。

法人の節税にも

個人だけでなく、法人にも節税対策となる保険があります。主に経営者保険と、福利厚生保険が挙げられます。特に中小企業では経営者の存在は大きく、経営者に万一のことがあると企業への影響も大きくなります。経営者の万一に備えて資金や保障を準備するのが経営者保険です。また、社員の退職金などの福利厚生の支出に備えるのが福利厚生保険です。これらの支払い分は、税法上では損金の処理となるため、法人税の課税所得を減らすことで法人税の節税効果があります。このように、節税対策に利用できる商品もありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

広告募集中