節税対策を始めるなら保険加入を検討しよう【Insurance Policy】
HOME>注目記事>節税対策を始めるなら保険加入を検討しよう

保険加入は節税にもなる

「節税ってよくわからない」「節税に保険に入りたいけどどれにしていいか分からない」こんな悩みをお持ちではありませんか?本記事では分かりやすく保険と節税について解説していますので、節税対策の参考にしてみてくださいね。

保険とふるさと納税の節税効果比較

保険

生命保険に加入すると所得控除を受けることができるので直接的な節税対策になります。

ふるさと納税

ふるさと納税は税金の分を寄付しているので、実際に出ていく金額は変わりませんので厳密にいうと節税対策ではありません。返礼品が欲しいという方にはおすすめです。

説明を受けるシニア夫婦

組み合わせて控除を増やす

生命保険に加入をすると節税対策として所得控除が受けられます。しかし安易に加入するとせっかく対策しても効果が半減してしまうときもあるので注意しないといけません。死亡保障には医療保障が特約として付くものがあり、一緒に入れるので非常に便利です。しかし医療保障を特約で付けても医療分の控除は受けられません。より節税効果を得たいのであれば、死亡保障分と医療保障分とに分けて入れる商品選びをする必要があるでしょう。

低解約返戻金タイプを使う

貯蓄性のある生命保険を利用すると、企業などでは経費に計上できるので節税対策になるとされています。このときに選びたい商品として低解約返戻金型があります。一定年数までに解約すると通常より解約返戻金が少なくなるタイプです。ただ一定年数を超えて解約すると通常通りの解約返戻金が受けられます。その間に支払い続ける額は一般タイプよりも少なくなるため、支出を抑えつつもしっかりと退職金の支払いの原資を積み立てることができます。

相続税対策は入れるか

万が一に備えるのが一般的な生命保険ですが、相続税の節税対策では万が一起きるのを前提に入ります。人によっては高齢になってから加入するケースもあります。選び方としては、一括で払い済みにできるタイプが良いでしょう。

広告募集中