【30代のあなたへ】家計診断をプロに依頼しよう【Insurance Policy】
HOME>ホットトピックス>【30代のあなたへ】家計診断をプロに依頼しよう

収入の割に増え気味の消費

多くのサラリーマン家庭では毎月決まった収入を1か月間の家計支出に充ててバランスを取り、時折発生する高額な臨時出費にはボーナスや預貯金を充てて生活しています。この収支バランスの取れている状態が続いていれば家計が安泰だとして、家族全員が落ち着いて暮らしていられます。ところが、家族のライフステージが経過するにつれて生活費が増加して毎月の収入だけで足りなくなるとボーナスや預貯金を繰り入れたやり繰りが始まります。しかしながら、出費が一旦増えてしまうとなかなか赤字の家計を元へ戻せなくなります。このような家計状態が続き、預貯金等に余り余裕のない家庭ではひどくならないうちに外部のチェックが必要になります。そこで、ファイナンシャルプランナー等の専門家に家計診断をお願いして家計の改善を図るのが賢明な策と考えられています。中でも、小さい子供を抱えた2、30代ファミリーでは住まいやマイカーのローン支払いを続けていて、家計の負担感が大きくなっているケースが多々あります。

遊びたい盛りの残る世代

こうしたケースはローン支払い後の残りの収入で日々の生活に必要な食料品や日用品を購入する程度で静かに生活すべきパターンです。ところが、この年代は遊びや旅行等にお金を使いたい年代ですから支出を抑えるのに四苦八苦するわけです。2、30代ファミリーは共働きでも一般的には年収が6,7百万円程度のはずです。この規模の家庭でローン返済を続け、生命保険にも加入して保険料を支払っていては経済的に楽な生活のできるわけがありません。こうして、家族だけの自助努力で消費を抑えるには限界があることが分かり、専門家に家計診断してもらうわけです。将来のことまで考えて収入に見合った生活を送ろうとすると、専門家が指摘する支出抑制項目としては旅行や遊びに出かけて使う遊興費や小遣いが多くなります。このため、家族そろって外出や旅行を楽しみたい家庭には厳しい指摘になります。頼りにした専門家の指摘とはいえ、2、30代ファミリーには悩みが尽きません。

広告募集中