【憧れのマイホームも夢じゃない】30代からの家計診断入門【Insurance Policy】

30代は今までと環境が変わる

結婚や育児などで30代になると環境が激変しますよね。「貯金はどのくらいすれば安心なの?」「保険には入ったほうがいいの?」と迷っていませんか?そんな時には家計診断を利用してみましょう。

家計診断を利用した人の口コミ

どこが悪いのか理解できた

いつも無駄遣いしていないのにお金が貯まらなくて悩んでいました。思い切って家計診断を利用してみるとどこが問題点だったのか理解できました。これからの家計に活かして行きたいです。

節約方法を教えてもらった

上手に貯蓄をする方法を相談しました。我が家に合った節約方法を教えてもらって良かったです。

将来を見据えて家計診断

目の前のことに精一杯で家計診断をきちんとしていませんでした。将来を見据えて家計診断をすることにしたら、子供の学費等をふまえて診断が出来たので嬉しいです。

説明を受けるシニア夫婦

憧れのマイホームに近づく

30代になると収入も安定してきますので、気になってくるのがマイホーム購入など将来のお金の問題。家計診断することで、そんな夢を叶える近道になるのをご存じですか。プロのファイナンシャルプランナーに相談すると、実は思いもよらない方法で夢を叶えるお手伝いをしてもらえるのです。例えば、入社したてのころになんとなく入った生命保険。それは、今の自分の生き方や将来の生きる道に合っているかどうか。保障は病気したときのためなのか、老後のためのものなのか、生命保険といっても様々な種類があるのです。まずは、無駄な出費を抑えるために今の保険の見直しが必要です。そこからマイホームや将来のお金について考えましょう。次に、将来のためにお金を増やすための保険というのもありますし、老後の生活を支える保険もあります。保険というのは、病気になったときのためだけでなく、夢を叶える手段にもなるのです。

お金の流れを理解する

30代になると、結婚をしたり子供が生まれたり、はたまた仕事が楽しくてそれに打ち込んだり。自分の生きる道がしっかりしてくるでしょう。そんなときに、しっかり家計診断をしてみましょう。お金の流れをしっかり理解して、いらない出費の断捨離をしましょう。大きな出費の代表格が生命保険です。最近ではテレビやネットでもたくさん情報があります。ここで注意点が一つ。生命保険には様々な種類があり、専門用語が並んでいますので、一度はプロのファイナンシャルプランナーに相談することをオススメします。

保険の内容を理解する

ファイナンシャルプランナーに相談すると、保険の種類や役割をきちんと説明してもらえます。それだけでなく家計診断をしてもらうと、適切な出費がいくらなのか、また生命保険では、保障の金額や目安などもアドバイスをくれます。そんなアドバイスを踏まえて上で、自分の人生や生き方に合ったプランを理解して組み入れていくと、マイホームなどの自分の夢に一歩近づくでしょう。30代は20代と生き方が違ってきます。一度、しっかり家計診断をしてみることをオススメします。

広告募集中